【館報108号】
108号は7月27日(木)~12月5日(火)まで開催の『福を運ぶ朝鮮王朝のとりたち』展についての解説を掲載しております。ぜひ、展示と併せてご覧ください。

108号掲載内容

■特集 朝鮮時代の民画ととり
 /吉田宏志(高麗美術館評議員・京都府立大学名誉教授)

■連載 京都の中の朝鮮文化⑥
 /仲尾宏(高麗美術館理事・京都造形芸術大学客員教授)

■研究講座・抄録 朝鮮時代後期の文人の書斎とその世界
 /西垣安比古(高麗美術館評議員・京都大学名誉教授)

■維持会員・館報定期購読者の皆様へ

■連載 李朝の美に魅せられて③
 /備仲巨道(作家)

■お知らせ/日々の覚え書き/表紙について






+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


■■館報定期購読を始めませんか■■
季刊誌「高麗美術館」館報は、当館収蔵品の写真とともに、企画展を通して韓国・朝鮮美術の歴史や文化を幅広く解説し、日韓でまだあまり注目されていない分野のシリーズものやエッセー、高麗美術館研究講座の概要、その他韓国・朝鮮に関わる情報など盛りだくさんの内容を掲載しています。

「高麗美術館」館報の定期購読があるのをご存知でしょうか。館報の定期発送の他、展覧会チラシ、研究講座などのご案内を優先的にお送りします。また、初回お申し込みの方には展覧会のご招待券をペアで差し上げます。この機会にぜひお申し込みください。


購読料 1680円(4回分)
お申し込みは美術館受付または郵便振替で
加入者名 公益財団法人 高麗美術館
口座番号 01050-1-56371
通信欄 「館報定期購読料」、「ご希望の開始号数」をご記入ください
お問い合わせは高麗美術館Tel 075-491-1192まで